園の概要

ヘレン3つの特徴

障害児保育園ヘレンとは…

「すべての子どもが保育を受けられ、保護者が働くことを選択できる社会」を目指し、障害のある子の長時間保育を実現する日本で初めての保育園です。

3つの特徴

1. 日本初の長時間保育

障害児保育園ヘレンの保育時間は8時から18時半です。
既存の療育障害をもつ子供が社会的に自立することを目的として行われる医療と保育のこと施設をはじめとして、これまで障害のある子が長時間利用できる施設はほとんどありませんでした。
「すべての子どもが保育を受け、保護者が働くことを選択できる社会」を目指し、
障害児保育園ヘレンは、長時間保育を実現します。仕事との両立のほか、介護やレスパイト家族の精神的疲労を軽減するため、一時的に代替のサービス利用し、家族のリフレッシュを目的とすることが理由のご家庭もご利用可能です。


2. 医療的ケアたんの吸引や鼻などから管を通して栄養剤を流し込む経管栄養など、在宅で家族が日常的に行っている医療的介助行為を、医師法上の「医療行為」と区別して「医療的ケア」と呼んでいるも対応可能に!

看護師、作業療法士、研修を受けた保育スタッフがチームを組み、子どもたちが安心して過ごせる体制を作ります。
経験を積んだ看護師がいるため、これまで預かりが難しかった「医療的ケアたんの吸引や鼻などから管を通して栄養剤を流し込む経管栄養など、在宅で家族が日常的に行っている医療的介助行為を、医師法上の「医療行為」と区別して「医療的ケア」と呼んでいる」を必要とする子どもの保育にも対応することができます。


3. 「遊び」を出発点とした療育障害をもつ子供が社会的に自立することを目的として行われる医療と保育のこと

ヘレンでは「遊び」を出発点とした、子ども自身が楽しみながら発達を促す「療育障害をもつ子供が社会的に自立することを目的として行われる医療と保育のことプログラム」を行います。子ども自身が「楽しそう!」と感じ、新しいことにチャレンジすることをヘレンは大切にします。 また、ヘレンで過ごす生活のすべてに作業療法士の視点を取り入れ、何気ない遊びの中にも発達の芽を育てていきます。

pagetop pagetop