ビジョン

障害児保育問題

課題


全国の健常児を持つ母親の常勤雇用率は34%、障害児の母親は、5.0%という現実があります。

障害児の母親の常勤雇用率は、健常児の母親に比べ
約7分の1。
子どもを預けられないため、就労を希望しながらも、働けない障害児の母親が潜在的に存在します。

しかし現状は…

・障害がある子を預かれる場所が少なく、特に医療的ケアたんの吸引や鼻などから管を通して栄養剤を流し込む経管栄養など、在宅で家族が日常的に行っている医療的介助行為を、医師法上の「医療行為」と区別して「医療的ケア」と呼んでいるを必要とした障害のある子を預かれるところが限りなく少ない
・「保護者の就労を支える」ことを目的とした預かり先は、日本ではゼロ…


解決策

そこで私達は…

pagetop pagetop